阿佐ヶ谷で笑い高円寺で見惚れる


今日は阿佐ヶ谷で、レオちゃんのコンビ金乳銀乳企画のライブを見てきました。

人間つい漠然と、このネタはこんな展開に向かっているのかなと予想してしまうものですが、予想とまったく違う球がくる捻れた出演者さんばかりで面白かったです。

金乳銀乳のオーガナイザーとしての審美眼も楽しめるイベントでした。
「化け物」をネタのどこかに入れるという共通テーマがあったのも、一つのイベントという感じがしてよかったです。

最後に突然レオちゃんがみんなに歌詞を配布し、TM NETWORKの「Self Control」を歌うことになりました(笑)。

同世代の人は、わりと音楽の趣味が違ってもTMの代表曲は共通言語だったりするのですが、ちょっと若い世代の方たちは知らなくて歌えてなかったようで、おばちゃん地味にショックでした。
ジェネレーションギャップ…。

あと芸人さん的にはそこにピンと来られてもぜんぜん嬉しくないと思うのですが、トム・ブラウンのみちおさんがペンギンセーターだったことは反応せずにいられませんでした。

M-1の決勝に進出されたとのことで、ペンギンセーターでどんどん世に出てほしいです。

終演後は、歩いてお隣の高円寺へ。

ペンギン・インコ陶作家、こまつか苗さんの個展を見てきました。

きれいな色を淡く素敵に塗っていて、金彩が施してあって、眼福ものの絵付け作品でした。

ペンギンアート展でぺものは拝見してきましたが、インコものを東京で肉眼で見られる機会はあまりなかったので、やっぱり現物は良いですね。

私は図工の時間に絵を描いたら、下書きまでは褒めてもらっても、水彩絵の具がまったく扱えなくてぐちゃぐちゃになってしまい、色を塗りだすと周りから「あっ…」と言われてきた人なので、色塗りがまったくダメなのです。
なので、自分では絵付けを極力していなくて、うまい作家さんの作品で楽しませてもらうのが良いかなと思っています。

たくさんの作品の中から、オカメの箸置きを連れて帰りました。

ニギコロバージョンもかわいかったのですが、うちの先代オカメのあくびちゃんはニギコロをしなかったし、いくつかあった中でもこれが顔が小さくて表情が優しかったので、一番あくびちゃんぽかったです。