サザナミ花瓶を試作


陶芸の釉薬は化学変化なので、何色でも出せるわけではありません。絵の具のように使える顔料もある程度の種類がありますが、面白のみのない色になる場合が多いのです。

そんな中でもサザナミグリーンは、定番釉薬の織部と銅青磁でいけるかなと思い、花瓶を試作してみました。我が家のよもぎ先生もチェックに(笑)。

銅青磁は黄緑感が足りなくて、アイリングの下絵ピンクは色がはっきりしすぎかな。

一番残念なのは呉須で描いた背中のサザナミ模様が織部から透けなかったこと。テストピースではちゃんと透けていたのですが、きっと呉須が薄めで織部が濃いめにかかっちゃったのかな。ちょっとした濃度の違いでも仕上がりが変わってくるので難しいです。

裏側はおチリと足と水玉パンツを描いています。

さて、ここからどう改良していこうかしら。