37分ワンカットゾンビ


先日結婚記念日だったのですが、夫が豪雨のなか九州出張へ行っていて留守だったので、今日記念のお食事をしてきました。


その帰り、映画「カメラを止めるな!」を観てきました。これがかなり面白かったです!!

最初の37分は、ゾンビもの映画をワンカットで撮影したもの。

ゾンビになった人に追いかけられて逃げるだけというオーソドックスな内容なのですが、ワンカットのテンポ感や細かな演出でこの時点でもけっこう面白かったです。

ただそれほど気になるわけではありませんが、ときどき?と思う部分や、なんかこのシーン間延びしているなぁと思うところや、この女優さんの演技少し妙だなという感じのところがありました。

そうしたら、ゾンビ映画の後に、その制作舞台裏(こちらもフィクション)のシーンが。

実はさまざまなトラブルがあり、トラブルとそのフォローの繰り返しの結果あのシーンができていたというネタバラシがおかしくて、おかしくて。

単純に笑いっぱなしで観られる内容でありつつ、こんな見せ方があったのかという二視点の構成が、物作りをする人にはたまらないと思います。

まだまだアイデア次第でやれることはいろいろあるんだなぁと感じました。

終演後に演者の方の舞台挨拶があったのですが、ワンカットの撮影中は後半でネタバラシをするトラブルも踏まえた演技をしつつ、本当にワンカットで撮っているのでリアルトラブルもあるという3重構造だったと言われていました(笑)。