ボードゲームカフェ「コロコロ堂」へ


昨年末に、根津にできたボードゲームカフェ「コロコロ堂」へ行ってきました。

取材でお邪魔したことはあったのですが、お客さんとしてゲームを楽しむのは初めてでした。まったくの初心者なので、100数十種類あるゲームから、お店の方におすすめを選んでいただきました。
 
ガイスター
「ガイスター」

まず最初は、「ガイスター」という良いオバケと悪いオバケのうち、悪いオバケだけを相手に取らせるというもの。シンプルなゲームだけれど、心理戦です。私は、目の前に相手のオバケが来るとどうしても我慢できずに取ってしまい、そのほとんどが悪いオバケで、全敗でした…。
 
ボードゲーム「パッチワーク」
「パッチワーク」

次にすすめていただいたのが、「パッチワーク」。手持ちのボタンがポイント代わりになっていて、手元にある9×9マスのボードを、さまざまな形のピースを取っていって効率的に埋めていき、ボタンのプラス分と埋められなかったマスのマイナス分を集計して競うというものです。これは複雑でいろいろなことを考えなければならず、かなり頭が疲れました。
 
ボードゲーム「Lost Cities」
「ロストシティ」

最後は、2から10までの数字のカードが5色あり、任意の色のカードを少ない数から出していくという「ロストシティ」。一度出した色はマイナス20ポイントつくので、カードの数の合計がそれ以上出せないとマイナスになっていくという仕組みと、順番に新しいカードを引いていくカード山がなくなったら終了という制限時間を設けているところがよくできています。3つとも良かったけれど、特にこれが面白かったです!

どのゲームも、1回やり終えるとコツがつかめてきて、2〜3回ずつやりました。大人になると、日頃の仕事で使う部分の頭しか稼動しなくなりがちなので、普段使わない脳みそを使っている感じがとても面白かったです。


スポンサーリンク