「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」読書感想文


言わずと知れた大ベストセラーの最新刊。

知ってはいても、高くて分厚いのでまだ読んだことのない人もいるかもしれませんね。


J.K.ローリング「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」

まず前2号も含めて簡単なあらすじを。

主人公のハリ-・ポッタ-は優秀な魔法使い夫妻の間に生まれた男の子です。しかし赤ちゃんの頃、強力な力を持つ悪い魔法使いのヴォルデモートに一家は襲われ、両親を失いました。その時ヴォルデモート自身も大きな痛手を負い魔力が著しく低下したため、以来どこかに身を潜めています。

ハリ-はというと、額にいなずま型のあざが残っただけで、奇跡的に生き残りました。だから、魔法界ではハリ-はヒーローなのです。彼の名前を知らない者は誰もいません。

でも、ハリ-自身はそのことを11歳の誕生日直前まで知りませんでした。両親を失って以来、母親の妹夫妻に預けられていたのですが、彼女は母親と違って魔法使いではありませんでした。ちなみに、魔法使いたちは普通の人間のことをマグルと呼んでいます。このマグルであるところの叔母夫妻は魔法使いが大嫌いで、ハリ-に自分が魔法使いであることすら教えていなかったのです。

しかしハリ-が11歳を迎える頃、魔法界の学校“ホグワーツ”から入学案内が来ました。そこで全てを知り、 親友たちといろんな冒険をしていきます。1巻の「ハリー・ポッターと賢者の石」ではヴォルデモートと対決しどちらも無事勝利しました。さて、3巻はというと‥‥。

マグルの世界で殺人を起こし、魔法界の監獄に入っていたシリウス・ブラックが脱獄しました。実はこの男、ハリ-の父親とホグワーツ生時代の親友で、シリウスの裏切りとスパイ活動のせいでハリ-一家はヴォルデモートに敗れたというわけなのです。そしてシリウスは、自分が崇拝していたヴォルデモートを倒したハリ-を逆恨みし、狙っている。

と、いう話なのですが、実はことのてん末は大ドンデンというか、敵だと思った人が味方で味方だと思った人(?)が敵だったりで‥‥詳しくはこれから読む人のために明言しません。だから3巻は闘うというよりは、解決したという感じでしょうか。本当の解決はまだこれからですが。

内容だけ説明するとありがちな善悪もののようですが、実際は闘うことよりもハリ-が親友のロンやハーマイオニーらと共に成長していく姿や、両親の悲しい死にともなう人間関係のいろいろやらがメインに書かれているようで、本当に面白いです。

何でもマニアの人って、売れ線の物を否定したりするけど、それは自分を狭めるだけなので、もしそんな人がいたらとりあえず読めという感じです。

あと、個人的には魔法使いという設定がたまらなく好きなんです。現実的な子供だったので本当になれるとは思ってなかったですけど、なれるものなら魔女になりたいと思ってました。今でもそう思います。しかも鳥好きなので、ハリ-が飼ってるふくろうのヘドウィグも羨ましくてたまりません(笑)。

こういう成長記ものは、「赤毛のアン」みたく、主人公が年をとるにつれて段々つまらなくなってくることが多いのですが、ハリ-・ポッタ-はまだまだこの後も続くようです。最後までこのまま楽しい世界であることを期待してます!




検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る