サザナミインコ勉強会 in 横浜へ


今日は、サザナミインコのブリーダーをされている、PSK Birdさんが主催する「サザナミインコ勉強会 in 横浜」へ参加してきました。

以前にSNSで繋がっているサザナミ飼いの方数名が、「サザナミ勉強会が都内であった」と書かれていて、サザナミ専門の情報が得られるなんて良いなと思っていたのですが、ある日Twitterに「横浜の定員がラスト1名」という投稿が流れてきて、即申し込みをしました。

サザナミは専門家の方の間でも情報が少ないようで、一般的な飼い鳥系の勉強会や講演はオカメやセキセイ、ラブバードなどのデータが基準になっていることが多く、この種に特化したお話をうかがえる機会はとてもありがたいのです。

前半は、サザナミインコについての基本情報や発情のこと、なりやすい病気などについてでした。なりやすい病気は、鼻石症、脂肪肝(よもぎちゃんはすでに経験済みです😅)、リンパ腫とのことでした。

後半は、遺伝について。うちは繁殖させる予定はないので、知っておいて損はないかなくらいの心構えでいたのですが、むしろ元々の知識がなかった分、こちらの話がとてもおもしろかったです!

よもぎちゃんは、ショップで「ダークグリーン SLG SF」だという書類をもらっていたのですが、これまでは「濃いめのグリーンでサザナミ柄の黒が少し薄いんでしょ?」くらいのぼんやりした認識でしたが、他のカラーとの関係性などがわかると、頭が整理されます。

ムラムラすると足掛けをするようになったので、「この子はオスだな」と判断していたのですが、SFで身体の色がそれほど薄くないのはオスのみだそうで、遺伝の知識がある人だったらカラー情報を聞いただけで最初からオスだってわかるものだったのですね!

ただ、遺伝の話はけっこう難しくて、今日は「理解したぞ!」と思ったけれど、明日にはもうわからなくなっているかもしれません(笑)。